News

会社案内

ごあいさつ

日本はバブル崩壊後、出口のない長い不況のトンネルの中に入ってしまいました。あらゆる面 で疲弊した従来のシステムが機能不全に陥っております。この不況を打破するにはまずは ”ANIMAL SPIRIT”を以て各人が「行動」を起こさねばなりません。
大樹に寄ることなく一人一人が革新再生を目指し新しい分野を開拓していかなければ日本経済の将来はありません。特にこれからは、日本はアジアの一員としてアイデンティティを深めていくことが国際社会のなかでの飛躍に繋がるものと考えます。
ダイツー株式会社は「大道に通じる」という意味から命名いたしました。私たちは数年にわたりベトナムとの強力なパイプを築き上げてきた経緯があります。ベトナムには現在、日本人が忘れてしまった素晴らしい文化が存在しています。
「感謝と思いやりの精神」「家族の大切さ」「自国への強い絆」等々!!日本とベトナムのお互いの発展こそがアジアの発展に繋がるひとつの契機になるものと確信いたします。その第一弾として私たちは、かの地で爆発的な人気を博しているベトナムコーヒー最大チェーンの「チュングエンコーヒーエンタープライズ」と、契約を結び、そのコーヒーを皆様にご紹介することといたしました。是非ご期待ください。

まずはご挨拶かたがた今後ともご愛顧の程、よろしくお願いいたします。

ダイツー株式会社
代表取締役 水野 利彦

会社概要

Trung Nguyen 社(ベトナム チュングエン社)

チュングエン社の設立は1996年8月です。(Buon Me Thuot Dac Lac市) 4人の医科大学生によって設立された会社で、当初は小さな工場からスタートしました。”TRUNG NGUYEN”(チュングエン)ですが、地名の意味になります。”TRUNG”は中部の”中”、” NGUYEN”は高原の”原”です。 コーヒー豆がベトナムの中部の高原にできることから、”TRUNG NGUYEN COFFEE”(チュングエンコーヒー)となりました。
現在では、チュングエン社はブォン・マ・タット(Buon Ma Thuot)市では有名なコーヒー会社に成長。 Buon Ma Thuot市はベトナムではコーヒーの故郷(ふるさと)と言われる程有名な都市です。チュングエン社の会社の目標は「ベトナムのコーヒーを世界のレベルにまで到達させ、海外の市場と国内の市場にまで 拡大させていきたいと考えています。」
この目標を達成する為にチュングエン社の社員全員が常に研究し技術をみがき もっとすばらしいコーヒーを作ろうと日々努力しております。 現在、30種もの製造法方を持っています。
会社の面積:15,000m  工場:3,000m  社員:150名
事務所  268 Nguyen Tat Thanh , Buon Ma Thuot – Tinh Dac Lac
支店 304/61 Ho Van Hue, Quan Phu Nhuan-TPHCM

状況

チュングエンコーヒーはベトナムでは若者に最も支持されている伝統的なコーヒー店です。ベトナムの北から南まで各都市にそれぞれ店鋪を持ち、2008年今現在、約600店ものチュングエンコーヒーシヨップがあります。また、新事業拡大の一つとして、「G7 Mart」という名のコンビニストアーを店舗展開し、現在約800店舗のG7 Martがベトナムでオープンしています。

ダイツー株式会社 Daitsu,Inc.

  • 1995年2月ベトナム視察訪問。
  • 1997年5月 日本ベトナム建設技術学校の設立に加わる。(ベトナム ツ・ドック市)
  • 2001年2月 チュングエンコーヒーの販売活動を開始。
  • 2002年5月 Trung Nguyen Coffee(チュングエン)の日本初1号店を六本木にオープン
  • 2002年9月 現地法人設立
  • 2004年9月 ベトナム家庭料理店Trung Nguyen Dining(チュングエン ダイニング)オープン
  • 2007年1月 化粧品製造業・化粧品製造販売業許可取得
  • 2008年1月 インターネットによるネット販売開始
  • 2009年1月 飲食業務(店舗)休業

本社事務所
コーヒーおよび食材の輸入卸業、飲食業
135-0042 東京都江東区木場2-5-3
TEL 03-5620-8808
FAX 03-5620-8828

▲PAGE TOP
© 2018test All rights reserved.